« 王女、光臨! 2017.10.25. | トップページ | ラ・フォルム・ドゥ・シャク・アムール・ションジュ・コム・ル・カレイドスコープ »

2017年12月17日 (日)

2018年へ向けて 2017.12.17.

My_trombones_20171217写真は我が「シルバーランド」の愛器たち!

Tenor : M. Rath R3-N Satin "Violetta"
TenorBass : Courtois AC420MBOST "Sapphire"
Bass : M. Rath R9-N "Franz"


いや、我ながら実に美しい楽器たちです☆

♪♪♪

練習に打込み、相応に進歩のあった2017年ではありましたが当然課題は残っており、これを打破して更にレベルアップしなければなりません。

1. 音域拡大(ハイトーン)の継続
2. 音程改善(ソルフェージュ)の徹底
3. アクセント/快速楽句の奏法改革


特に3. は急務で、各音価に見合った充分な響きを保ちつつ、明確に発奏するということが、常にできるようにならなくてはいけません。
40年間できてこなかったことをイメージ改革から始め、反復練習で自分に浸透定着させる-。
しっかりと取り組んでいきます。

演奏活動も敢えて絞り込みました。一日一日を大切にして愛する音楽に接していきたいと思っています。

♪♪♪

ところで、昨日は所属楽団の常任指揮者、S先生による年内最終の合奏練習でした。練習終了後の酒席にはS先生にもご参加いただきましたので、
「今年は何とか”蛾”には成れたと思いますので、来年は”蝶”に成れるよう頑張ります。」と申上げたところ、
Photo「確かに良くなった。でも”蝶”になんか成らなくていいから、お前は”モスラ”を目指せ!」
という励ましの言葉をいただきました。
…というわけで、2018年は「モスラ」に成れるよう精進します!(^^)

|

« 王女、光臨! 2017.10.25. | トップページ | ラ・フォルム・ドゥ・シャク・アムール・ションジュ・コム・ル・カレイドスコープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181124/66160999

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年へ向けて 2017.12.17.:

« 王女、光臨! 2017.10.25. | トップページ | ラ・フォルム・ドゥ・シャク・アムール・ションジュ・コム・ル・カレイドスコープ »