« なぜ向上を夢見て練習するのか | トップページ | 歌劇「いやいやながらの王様」より”スラヴ舞曲” »

2017年3月20日 (月)

無駄な努力

P1000392現在、2年後に友人が開催する彼のリサイタル(自主開催)に”友情出演”するため、ピアノ伴奏付ソロ曲を練習しています。とりあえず3曲着手してみましたが、チャレンジする曲は2年間の”伸びしろ”も考慮して決めねばなりません。

そして実際練習を開始してみると、改めてどうしても一段のレベルアップを図らねばならないと痛感しました。そこで新たなメソッドを海外通販で取り寄せ、練習を始めました。それが私の敬愛するMichael Davis氏の主宰するHip-Bone Music社から発売されている”Build Your Range”です。
著者はTrumpet奏者の方なのですが、従来から愛用している他のHip-Bone Music社の教則本と同様に、実に気の利いた伴奏音源とともに練習できるスタイルになっています。
P1000393「高音域の音域拡大と耐久力向上」という大命題に向け、ベーシックなトレーニングを徹底して行うという内容になっています。粘り強く練習を続けていくことが必要とのことで、あきらめることなくやっていきます☆

この「無駄な努力」を、本当の”無駄”に終わらせてしまうか、否かは私の取組み次第だと思っていますから。

♪♪♪

今回は併せて”28 Vignettes for Two Trombones”(冒頭画像・右)も購入しました。これまたイカしたデュエット曲集ですので、いつか相棒を見つけて楽しみたいと思います。
これら有益なメソッドの情報は、いずれもTrombone奏者・岩崎 浩氏のBlogにて拝見したものです。氏のBlogからはこれまでもレガート・タンギングの練習法に始まり、多くのことを学ばせていただいておりますが、同Blogの記事は実に判りやすく具体的なのでオススメですよ!

|

« なぜ向上を夢見て練習するのか | トップページ | 歌劇「いやいやながらの王様」より”スラヴ舞曲” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181124/65043139

この記事へのトラックバック一覧です: 無駄な努力:

« なぜ向上を夢見て練習するのか | トップページ | 歌劇「いやいやながらの王様」より”スラヴ舞曲” »