« 吹奏楽のための第1組曲 A.リード | トップページ | 王子到着! »

2017年2月 3日 (金)

ジャニュアリー・フェブラリー・マーチ / 台所用品による変奏曲

本稿は「橋本音源堂」HPへ移行しました。
内容も改訂/up dateしてありますので、下記リンクよりお越し下さい。

橋本音源堂HP:ジャニュアリー・フェブラリー・マーチ / 台所用品による変奏曲

|

« 吹奏楽のための第1組曲 A.リード | トップページ | 王子到着! »

コメント

「ジャニュアリー・フェブラリー・マーチ」は残念ながら存じ上げませんが、「台所用品による変奏曲」は幸いにも実演の機会に恵まれました(もっとも私が演奏したのは台所用品ではなく普通のティンパニでしたが…)。

> こうした「冗談」は達者な演奏でないとキマらない、カッコ良くない、オモシロクない!

まさにそのとおりだと思います♪

投稿: HARA-P | 2017年2月 8日 (水) 14時35分

HARA-Pさん、私も学生の時に「台所用品による変奏曲」は演りました~。当時は知識も見識もなくTromboneパートをただ吹いて「変な譜面だなー」で終わったのが残念です。^^;)

「冗談音楽」は究極ですが、どんな”色物”でも、演る場合は本気かつ上手にやらないとダメですよね!「腕」と「覚悟」が必要です♪

投稿: 音源堂 | 2017年2月 8日 (水) 16時12分

橋本音源堂様、東京の足立吹奏楽団のこかぜと申します。曲目レビュー興味深く拝見させていただきました。

当楽団では、こちらのレビューを知らずに、「冗談音楽」を演奏会で特集するべく、選曲しておりましたところ、全く同じことを同時期に考える人もいるのだなぁとびっくりした次第です。

当楽団でも、「冗談音楽」を「ただふざけた音楽」としてとらえるのではなく、一つのジャンルとしてとらえ、真剣に取り組むことで効果が表れるものと感じております。

演奏会では、“音のサーカス”面白冗談特集!?と題して、こちらのレビューの「ジャニュアリー・フェブラリー・マーチ」、「台所用品による変奏曲」の他に、アンダーソンの「ワルツィング・キャット」、「インマー・クライナー」、「マウスピース・マニア」、「はとポッポの世界旅行 POPPO POPPO」などを演奏する予定です。

音源堂様のレビューを参考にし演奏会に臨みたいと思います。

追伸:たしかに音源はなかなか見つかりませんでした。台所用品による~は、第29回の警察音楽隊演奏会のLPを所有しておりましたので大丈夫でしたが、ジャニュアリーの方は、アマチュアの演奏ですが、NTT中国吹奏楽団の創立40周年記念CD「Hearty Sounds」Vol2にありましたので、そちらを参考にしています。

投稿: こかぜ | 2017年4月 8日 (土) 11時18分

こかぜさん、ようこそお越し下さいました。コメントを有難うございます。
吹奏楽による「冗談音楽」プログラム…なかなか興味深いですね。吹奏楽でいえば、岩井直溥先生がイワイミュージックのライブラリーに幾つかシティ・スリッカーズばりのアレンジを遺されていたと思います。
演奏会のご盛会・ご成功を祈念致します。今後とも拙Blogをご贔屓のほどお願い致します。

投稿: 音源堂 | 2017年4月 8日 (土) 11時36分

橋本音源堂様 大学のブラスの同期のZhenmeiです。
年賀状でこのブログのことを教えていただいていながら、今日偶然初めて拝見しました。さすがですね。本当に素晴らしいです!

「台所用品による変奏曲」はとても懐かしいです。パーカッションチームの私は、三角巾にエプロン姿でステンレスのボウルをスプーンで叩きました(演奏しました)。楽しかったです(o^-^o)

お風邪くれぐれもどうぞお大事に!

投稿: Zhenmei | 2017年7月 1日 (土) 18時22分

Zhenmeiさん、ようこそお越しいただきました☆
何だか同期からこんなコメントを頂戴すると照れますね。
でも有難うございます!
貴女の演奏時の雄姿というと、他にも想い出深いものが幾つもありましたよ。^^)一つ挙げるとすれば「メイム・メドレー」の”サンドペーパー”なんかもありましたよね。
あれは入れなきゃ!といって本番でのソリスト紹介のアナウンスに入れさせていただいたのは、私としても会心の演出だったと思っています♪
おかげさまで現在も演奏活動は頑張っていて、次回は8月末に我々の後輩たちとの演奏会もやりますよ。指揮はもちろんH師匠、同期のI君(Euph.)や1年上のSさん(Trb.)も一緒です。

投稿: 音源堂 | 2017年7月 2日 (日) 01時01分

すごい記憶力で驚きました。さすが指揮者は違いますね。こちらの方こそ恥ずかしくてたまりません。
これからもブログ拝見するのを楽しみにしています^ ^音楽関連の仕事をしている友人達にも宣伝させてください。
今週末のサマコンにうん十年ぶりに伺います。8月も出来る限り伺いたいと思っています。Iさんからもご連絡がありました。音源堂さんの勇姿楽しみにしています!(ブログの内容と関係ないコメントなので読んだら消してくださいね)

投稿: Zhenmei | 2017年7月 4日 (火) 21時01分

いえいえ、いいんですよ。Blogというのはそもそも私的なものですから。^^)
私は所属楽団の練習日でしてサマコンには行けないのですが、皆さんに宜しくお伝え下さいね。8月の本番はぜひ見てやって下さい。そーいえばI君と本番を共にするのは学生時代以来だと思います。^^;)

投稿: 音源堂 | 2017年7月 4日 (火) 22時32分

「台所用品による変奏曲」を以前所属していた吹奏楽団の演奏会の候補曲で推したことがあります。
音源がどうしても見つからなくて、どんな曲か分からないと言われ却下されました。
やっぱり音源は少ないのですね。
「ジャニュアリー・フェブラリー・マーチ」については、「マーチ・エイプリル・メイ」の話をしてた時に、こんな曲あるんだよと教えてもらったことがあります。
面白そうな曲ですね。
詳細なレビューありがとうございます。

投稿: ゼスト | 2018年11月22日 (木) 22時39分

ゼストさん、いつも有難うございます!
ドン・ギリスも例外ではありませんが、音楽で冗談をかますには腕前とセンスが必要です。吹奏楽の世界ではイマイチな冗談音楽風作品が散見されますが、それはこのジャンルが実はとっても難しいことを示すものだと思っております。
ドン・ギリスにつきましては「交響曲第51/2番」も採り上げなくてはいけません。Tromboneの練習と仕事のストレスにかまけて、このBlogの執筆は遅延しており大変恐縮です。

投稿: 音源堂 | 2018年11月25日 (日) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャニュアリー・フェブラリー・マーチ / 台所用品による変奏曲:

« 吹奏楽のための第1組曲 A.リード | トップページ | 王子到着! »