« 筋トレ | トップページ | イーストコーストの風景 »

2015年7月 9日 (木)

貴重な音源の復刻CD化!

51wghyciril_4漸く待望の復刻CD化が実現しました!

武蔵野音楽大学ウインドアンサンブルによる音源は現在もリリースが継続していますが、最初に一般発売されたものというと「武蔵野音楽大学ウインドアンサンブル ’79」に遡ります。
このVol.1に続くVol.5までの初期音源が、このたびCD5枚組Boxセットにまとめられ発売されたのです。私は発売のニュースを見つけた瞬間に予約して入手、楽しんでおります♪

Vol.1の「アルメニアンダンスPart I & II」、Vol.4の「第2組曲(A.リード)」とVol.5はCD化されているものの、他はどれも永きに亘って当時のアナログLP音源しか存在しなかったものであり、今回のCDリリースは大変画期的です。
このシリーズに収録された「アンティフォナーレ」「…そしてどこにも山の姿はない」「交響曲第2番(チャンス)」「シンフォニア・フェスティーヴァ」などは人気曲でありながら発売当時はもちろん、その後も長い間他に録音がない状態が続いたため、大変貴重な音源でした。

それどころか現在でも、序曲ヘ長調(E.H.メユール)ヴィヴァ・メキシコ(J.J.モリセイ)は他に入手可能な録音が存在しておらず、かつ今回が初のCD音源リリースということになります。
またスターフライト序曲(R.ミッチェル)は(良くも悪くも若い演奏ながら)この曲の人気を高め世に知らしめた好演です。この曲はこうでなくちゃ!と思わされるのです。

♪♪♪

リーフレット巻末には録音に参画したメンバーが掲載されていますが、錚々たるプレイヤー、そして”先生”方の名前があちこちに見つかることでしょう。それゆえでもありましょうが、本シリーズ初期の演奏はとても素晴らしいものが多いです。
我々世代が懐かしむだけではなく、ごく若い世代の吹奏楽ファンの皆さんにもぜひ聴いていただきたい、聴いていただく価値のあるものだと思います。

|

« 筋トレ | トップページ | イーストコーストの風景 »

コメント

お久しぶりです

このCDさっそく購入して、聞き始めました
紹介ありがとうございます

印象、指揮者のせいなのかこじんまりしているように思えますが、Lights Outなどは、バークレーの応援歌に忠実な歌いが入っていたりしてイーストマンの演奏とは違った味があります。全体として聞ける演奏でよいと思います。

祝典序曲はコンクールで演奏された今津中を思い出すと、コンクール的な迫力が今津にはあります
個人的には、英国砲兵隊の演奏が好きです。

投稿: bandlover | 2015年7月21日 (火) 11時20分

bandloverさん、いつもコメントを有難うございます。
猛暑に突入しましたがお元気ですか?

早速お聴きになられたのこと、そうですねあくまでも若き音大生の演奏ですので、まだ手慣れた感じではないことと思います。発売当時はまさに憧れの曲オンパレードで、吹奏楽少年のハートはガッツリ摑まれちゃいましたが…。

一時代を築いた吹奏楽録音であることは間違いないですね。色んな世代の方々に聴いてほしいです!

投稿: 音源堂 | 2015年7月21日 (火) 11時46分

ずいぶん久しぶりに書き込ませていただきます
懐かしい!
アルメニアンダンス全曲はこれしかなく迷わず購入した記憶があります
当時連載していた某誌の指揮者記事の影響でアントニン・キューネル氏の指揮した演奏に興味がありVol1を購入しました
(残念ながら指揮者はわたしの琴線には触れませんでしたが)CD欲しいですね

投稿: Tubaとうさん | 2016年7月30日 (土) 20時08分

このように”懐かしの”未CD化音源が漸くCD化してきています。今後もこの動きがもっと活発化するよう祈りたいです。できれば海外版も…CD化して欲しいものがまだ多く残っています。
あとはお蔵入りになった録音、過去から結構あると聞いています。ぜひ世に出して欲しいと思っています。近年佼成が録音したはずのZanoniはどうなったのでしょうかね…。
CDが無理なら、ネット配信だけでも!

投稿: 音源堂 | 2016年7月31日 (日) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181124/61825130

この記事へのトラックバック一覧です: 貴重な音源の復刻CD化!:

« 筋トレ | トップページ | イーストコーストの風景 »