« ファンファーレ、コラールとフーガ | トップページ | ラプソディック・エピソード »

2014年10月 8日 (水)

風  紋

PhotoFu-Mon
保科 洋
(Hiroshi Hoshina
  1936- )




吹奏楽界の最大のイベントにして関心事である「全日本吹奏楽コンクール」は出場団体が課題曲と自由曲を演奏しその評価を競うものだが、「風紋」は1987年度の課題曲として委嘱され1986年に作曲された。数多い課題曲の中でも、最も人気の高い名作と評される。

全日本吹奏楽連盟の頒布した「参考演奏」の演奏時間は5’13”。1987年度の課題曲は5曲だが、他の曲とは0’34”から最大で2’06”もの差がある「長い曲」だった。制限時間のあるコンクールで自由曲との兼合いを考えれば長い課題曲は選びたくはないものだ。それにもかかわらず、全国大会での選択率は39.0%、支部大会ベースでは45.8%という高い支持を得ていたのだから、当時から人気は高かったのだ。そして、現在に至ってもその人気は衰えていない。1987年当時この曲を演奏した世代だけではなく、完全に次世代へと受け継がれている観がある。

Photo_3※詳細は左表。
東北、北海道ととりわけ北日本の支持率がもの凄いのが特徴的である。現在所属している楽団のメンバーはこの地域出身者が多いが、やはり皆この曲が大好きである。その魅力は殊に北国の人たちを惹きつけて已まないようだ。


データ出典:
吹奏楽コンクールデータベース

Photo_2課題曲としては長い、とはいっても作曲者・保科 洋は(課題曲としての)時間的制約から中間部の構想を断念したことを大変残念がっていた。
そのため当初構想に基きVivaceの主部に中間部を充填するとともに、それに伴って生じる部分的修正およびバランス、ダイナミクスの修正も数ケ所で行った「原典版」1999年に上梓した。現在では「課題曲版」「原典版」のいずれもが演奏されている。

    ※「『風紋』は、当初の発案では課題曲としては長すぎる内容であった。その
      ため、制約時間に合わせて縮小して録音に立ち会ったという苦い記憶が
      ある。ところが、コンクールにおける各団体の演奏を聴いている間に、この
      曲なりにまとまった内容を持っているかのように洗脳(?)され、妙な安堵
      感を持たされた経験を思い出す(作品とは、子どものように生みの親の
      想いに関係なく自立して行くものなのであろうか)。」 (保科 洋のコメント)

        ※尚、本稿は解説・引用ともに「課題曲版」に基いている。


♪♪♪

「曲名の『風紋』は、砂丘や砂漠に風によって描かれる紋様のことですが、私としては砂に作られた紋様よりも、むしろそれをつくる風の様相のイメージを描いたつもりです。」
「曲名の”風紋”は特別な意味はありません。強いていえば前半の曲想のイメージや速い部分の f, p, の対比の表情に関しての主観的な印象ということでしょう。」

保科 洋はこのように述べ、本作が情景描写的な音楽ではないことを示唆している。大自然が織りなす”風紋”の態様、そしてそれを望む風景はファンタジックで実にインパクトが強いものである。
Photoしかし”風紋”そのものというより、それを形成した”風”に想いを馳せたというのが面白いと思う。その視点にも、本作が情景というより寧ろ心裡描写の楽曲であることが現れているだろう。

Andante(♩=76-80)の静謐にして抒情的なアルペジオによるファンタジックな序奏に始まる。(冒頭画像)この4小節からして作曲者が腐心したとコメントする”移ろい”-心理的、情緒的雰囲気を感じさせられることだろう。
「古い教会旋法の自由さを活用しています。したがって、メロディにも和声にも、調的に臨時変化したように感じる音が頻繁に現れます。」との前半部の段階であっという間に聴く者の心を捉えて離さない。抒情的で美しい旋律は圧倒的な魅力を持っている。
Photo所謂対位的な動きがこの旋律に絡み、各楽器の音色も効果的に発揮され、さまざまな要素が渾然となって色彩の変化を綾なしていくのは感動的の一語に尽きる。やがてカップ・ミュートをつけたTrp.+Trb.が、後半を支配するリズミックな楽句を提示し印象付ける。
Cup_mute_2これを経て旋律が一層ふくよかに歌われていくのが洵に嬉しい。そして徐々に生命感を強めて高揚をみせた後、先ほど提示されたリズミックな楽句が拡大してダイナミックに奏され、前半のクライマックスを形成するのだ。
Photo_2雄大な音風景の余韻が鎮まり、ぼやけた光景はTimp.ソロの鋭いモチーフ提示で一瞬に空気が変わる。転じたVivace(♩=160)はエネルギッシュなのに深遠な情感も満ちた音楽だ。

幽かに始まったモチーフの応答が放射状に高揚していくスリリングな導入に続き、美しく瑞々しい旋律が大きなスケールで歌われる。
Vivace高揚が静まってpで密やかに奏される旋律の後半部分では、Picc.の弱音が大変に魅力的であり、ジーンとした感動を覚えてしまう。
この旋律のカウンターが、艶のあるハーモニーと生命感あふれる抑揚で風を描写するTrombone…!-本作の聴かせどころの一つである。
Vivace_trb


Vivaceの部分では前半に提示されたリズムパターンがさまざまな楽器に受継がれながら絶え間なく奏され、
Vivace_2緊張感とスピード感を与え続けている一方、低音はリズムを刻むのではなく対位的に動き続けるのが興味深く、特徴的。その”歌う”低音が本作の情緒を一層深めていると云えよう。
Vivace



再びモチーフの応答でブレイクすると、リジットな木管群のリズムパターンをバックに低音楽器群が朗々とした新たな旋律を奏でる。
11これがTrp.も加わって繰り返されるのだが、低音のカウンターの衝撃が印象的である。

   
※尚、ここのシークエンスでは練習番号11でトライアングルに、同12でサスペン
     ション・シンバルに特徴的なリズムが登場するが、このリズムが練習番号12
     に入ると潜ってしまう演奏が多い。この部分にしか出てこないリズムパターン
     が繰り返されるものであるだけに、それだと違和感が生じてしまうのだが…。


再び旋律が戻ってきて高らかに歌われた後に急に静まり、そこから4小節のクレシェンドを経て、テュッティで奏される伴奏のリズムパターンと打楽器の応酬するエキサイティングなff へ!
meno mosso となって興奮を鎮め余韻の中で揺蕩う楽想を挟むが、再びTempo I (♩=160)で最後にして最大のクライマックスへと向かう。
Photoアラルガンドを経てスケールを一層拡大したこのmeno mossoでは、前半と後半の主要旋律がマリーして壮麗に奏され、全曲の帰結感を否応なく高めて感動を誘わずにはいない。

終幕は一気呵成の快速なコーダに突入し、Timp.ソロで生き生きと、しかし毅然とした表情で締めくくられる。

♪♪♪

周到な構成に美しく魅力的な旋律、メリハリの効いた高揚と明確なクライマックス設定、聴いているものを飽きさせることのない色彩の変化…しかもそうした美点が一本調子でなく、サイズやニュアンスを変えてさまざまに示される。-紛うことなき”吹奏楽の名曲”の一つに数えられるだろう。

音源は以下を推奨したい。
Cd佐渡 裕cond.
シエナウインドオーケストラ

緩舒部分で存分に歌い、またVivaceの主部ではTromboneの表現する”風”を確りと聴かせる非常に情熱的かつ抒情的な演奏。練習番号11だけでなく12でも打楽器に現れる特徴的なリズムを確りと浮き立たせているのはこの演奏だけ。綿密なアナリーゼを積極的な表現で現出した好演。
Cd_2山岡 重信cond.
東京佼成ウインドオーケストラ

参考演奏として広く知れ渡った演奏。Vivaceの主部で抒情的に歌われるPicc.(+Flute, Bsn, Euph.,A.Sax.)による旋律後半の”密やかさ”のニュアンスが秀逸。この部分は他の追随を許さない。

Cd_4木村 吉宏cond.
大阪市音楽団

”原典版”初演収録。10年を超える歳月を経て作曲者の原構想を呼び返し、それを伝える。



Cd_5保科 洋cond.
シエナウインドオーケストラ(Live)

作曲者自作自演。シエナウインドオーケストラの20周年記念コンサートのLive録音だが、そこで初めて自作自演による録音が実現した。作曲者のニュアンスを感じ取ることができよう。

    【その他の所有音源】
      鈴木 孝佳cond. TADウインドシンフォニー(Live) [原典版]
      山下 一史cond. 東京佼成ウインドオーケストラ
      木村 吉宏cond. 広島ウインドオーケストラ
      小林 恵子cond. 東京佼成ウインドオーケストラ(Live)
      渡邊 一正cond. 東京佼成ウインドオーケストラ
      木村 吉宏cond. フィルハーモニック・ウインズ大阪(Live)
      現田 茂夫cond. 大阪市音楽団 (Live)

|

« ファンファーレ、コラールとフーガ | トップページ | ラプソディック・エピソード »

コメント

課題曲の名曲として名高いこの曲、もちろん私も大好きな曲です。
私が演奏したのは3回。初回は課題曲として。2回目は別の年の自由曲として。そして3回目は某団の演奏会のプログラムとして演奏する機会を得ました(3回とも課題曲版)。3回ともそれぞれ別の楽団であり、このことからもこの曲の幅広い人気が窺えます。

初めて聴いた時は「こんな課題曲聴いたことない!」という印象。
前半部分の柔らかく分厚いサウンドは、それまでの課題曲というか吹奏楽曲とは一線を画している!と感じました。

今のところ原典版を演奏する機会はありませんが、課題曲版の印象が私にはあまりに強いので、どちらも捨て難いところですね。

ところで近年、作曲者自身による管弦楽版も出版されたようですが、音源堂さんはもうお聴きになられましたか?

投稿: HARA-P | 2014年11月 1日 (土) 19時59分

HARA-Pさん、しばらくです!いつも素敵なコメントを有難うございます。いやー、コメントをいただけると本当に嬉しく、また書こうという気持ちの原動力になります。(Blogも自己表現の一環ですから…)重ねて有難うございます!

さて実は私も来る12月の演奏会でこの曲の2回目の本番を迎えます。^^)「課題曲版」は作曲者本人としては本意でないものだったようですが、音楽としての本質的価値は高く、構成感すら比較論で見れば”モノが違う”という突き抜けたレベルと思います。本当にいい曲ですよね☆
吹奏楽界にいる方々-特に若い世代には保科洋の他作品にもぜひ目を向けて欲しいです。本Blogで採り上げた「カプリス」「古祀」の他にも「カンティレーナ」「カタストロフィ」「交響的断章」「愁映」…たくさんの秀作で保科ワールドを感じていただけたらと願い、今後もできる限り保科作品を採り上げていきたいと思っています。

本作の管弦楽版も、また「古祀」の管弦楽原曲「祀」も実はまだ聴いたことがないんです。一度聴いてみたいのですが、他楽曲の探索・研究に時間と資本を投下してしまい叶っていません。いつか聴いてまたそのことにも触れてみたいです。

投稿: 音源堂 | 2014年11月 2日 (日) 12時13分

保科先生曰く、風紋が一番うまく作曲できたとのことです。
名曲ばかりだと思うのに、作曲者の心情というのはそういうもんなのかなと思っています。

投稿: 鈴木 | 2015年3月 6日 (金) 18時23分

鈴木さん、コメントいただき有難うございます。保科先生と接点がおありなのですね。一般にも人気作となった「風紋」が楽曲製作上も一番だったというのは、作曲家としては大変ラッキーなことかなとも思います。ジェイガーなんかはお気に入りの作品が必ずしもヒット作ではありません。
近々、ジェイガーのその”お気に入り”を採り上げたいと考えております。

投稿: 音源堂 | 2015年3月 6日 (金) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181124/60350955

この記事へのトラックバック一覧です: 風  紋:

« ファンファーレ、コラールとフーガ | トップページ | ラプソディック・エピソード »