« フラッシング・ウインズ | トップページ | エニグマ変奏曲 »

2013年10月 4日 (金)

薬師丸ひろ子 35th Anniversary Concert 2013 -2013.10.1

001薬師丸ひろ子の芸能生活35周年記念コンサートに行ってきた。会場は東京・渋谷のオーチャードホールである。

角川映画全盛期を支えた女優・薬師丸ひろ子は私と同い年、近年も「Always三丁目の夕日」など活躍を続け、2013年最大のヒットドラマ「あまちゃん」(NHK)でも話題を集めたことはご承知の通り。
私自身は”アイドル・薬師丸ひろ子”の大ファンであったわけではない。当時、周囲の熱狂は文字通り凄まじいものであったが…。


そんな私も、彼女のまさに鈴をころがすような心地よい美声-これはもうこの上なく大好き!

家内も大ファンである”薬師丸ひろ子の歌”は、(ほんの幾つかしかない)わが夫婦共通の愛好である。つい最近耳にした「あまちゃん」挿入歌にてその美声が健在であることを確信していたこともあり、家内と私はともにこのコンサートを心待ちにしていたのだった。

♪♪♪

果たして、薬師丸ひろ子の歌はやはり素晴らしかった!

聴くものを魅了する彼女の美しい声-美しいだけではなく涼やかで”快さ”が圧倒的な彼女の声。そして単なる歌の巧拙を超えた”表現者・薬師丸ひろ子”の世界に引き込まれてしまう。

往時のヒット曲を次々と歌ってくれたのだが、その歌とともに想い出がよみがえるのではない。彼女の楽曲、彼女の歌自体が、私たちの想い出や時代そのものなのだ。特に大好きな「探偵物語」あたりではジーンと痺れ、視界もぼやけてしまう感覚におそわれた。

   他の皆さんも、「彼女の声こそが、歌こそが聴きたいのだ」という思いは同じだった
      
ようで、大ヒット曲「セーラー服と機関銃」の前奏が始まるや会場中から興奮気味
       に湧き起こった手拍子も、彼女が歌い出すやピタリと収まる
のであった。(!)
   それにしても「セーラー服と機関銃」を歌い終わった彼女に贈られた拍手の大きさ
       は一層際
立っており、ファンの熱い想い入れが感じられた。

そして、コンサートの最後を締めくくったのは私の一番好きな「Woman”Wの悲劇”より」…もうひたすらに感動、その一言しかない。
心を込めて歌いきってくれた彼女に感謝、また感謝。

♪♪♪

これほど心に響くもの、これもまた間違いなく音楽だ!

やはり歌は、音楽は、テクニカルな巧さだけでは絶対に成り立ち得ない。そう確信させる”薬師丸ひろ子の世界”に溺れた、最高の一夜であった。

|

« フラッシング・ウインズ | トップページ | エニグマ変奏曲 »

コメント

このひとの歌声ってちょっと独特ですよね。
他の歌い手とは明らかに違う気がします。
大ヒット曲の「セーラー服と機関銃」もいいですが、
「すこしだけ やさしく」
「あなたを・もっと・知りたくて」
などもいい歌ですよね。

私はファンというほどではありませんが、兄が大ファンでして、押入れに分厚い写真集が隠してあったりしましたw

投稿: HARA-P | 2013年10月14日 (月) 08時14分

HARA-Pさん、コメントを有難うございます!
私はそれこそ写真集を買うようなファンではなかったのですが、昔から薬師丸ひろ子の歌は本当に好きで、今回それを生で聴くことができて本当に良かったです♪

彼女の音楽はいわゆる「歌謡曲」のジャンルだと思いますが、いいものは良い!ということ。こうして幅広く音楽の楽しみを採り上げるのも拙Blogの自負するところであります。
次稿はまたクラシックのジャンルに戻り、今年吹奏楽界でも話題となるであろう"あの"名曲を採り上げます。お楽しみに!

投稿: 音源堂 | 2013年10月14日 (月) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181124/58307128

この記事へのトラックバック一覧です: 薬師丸ひろ子 35th Anniversary Concert 2013 -2013.10.1:

» 薬師丸ひろ子 ゴールデン☆ベスト |薬師丸ひろ子 [見つけました]
薬師丸ひろ子 ゴールデン☆ベスト薬師丸ひろ子ユニバーサルミュージック発売日 20... [続きを読む]

受信: 2013年10月20日 (日) 15時28分

« フラッシング・ウインズ | トップページ | エニグマ変奏曲 »