« 第六の幸福をもたらす宿 -組曲 | トップページ | 第2組曲 W.F.マクベス »

2013年1月23日 (水)

キンバリー序曲

本稿は「橋本音源堂」HPへ移行しました。
内容も改訂/up dateしてありますので、下記リンクよりお越し下さい。

橋本音源堂HP:キンバリー序曲

|

« 第六の幸福をもたらす宿 -組曲 | トップページ | 第2組曲 W.F.マクベス »

コメント

音源堂さん、こんにちは。
はじめまして!

キンバリー序曲、とても懐かしいです。
音源堂さんがご紹介下さっている、正にそのLPを父が買って所有していました。
しかし、音源や音響機器類をこよなく大切にしている父は、滅多に聴かせてはくれませんでした。
なので、父の留守中に勝手にコッソリ聴く時間が、私にとっての至福の時でした(笑)

このキンバリー序曲を、初めて聴いた時は、「なんてカッコいい曲なんだ。日本人の感性じゃ絶対作れない」などと、偉そうにそう思ったものでした。

吹奏楽に触れ始めたばかりで、駆け出しのクセに、そんな不尊な思いのまま、中学の吹奏楽部顧問に「この曲を吹きたい」と要望したところ、先生も先刻ご承知で、「お前たちが全く出来ていないこと(歯切れとか歌うとか揃えるとか)ばかり求められる曲たぞ。折角カッコいい曲を、わざわざカッコ悪く演奏してどうする?」と、曲の方が可哀想だと言わんばかりにピシャリ!

その時初めて、作品に向き合う姿勢を学んだような気がしますが、これも今では懐かしい思い出です。

最近、この曲を生で聴きたくなっていますが、どこもやらないでしょうね…
第一、楽譜の入手が困難かと。
手に入れることができたら、どこかの学校に持ち込んで、演奏会のレパートリーにお願いしてみたいところです(笑)

投稿: 昔のホラ吹き | 2013年9月 9日 (月) 11時54分

昔のホラ吹きさん、コメントを有難うございます。
この曲は出版社自体が今はもう存在していないようなんです。作曲者スピアーズはご健在ですが、楽譜の権利関係は複雑なことになっていることが多いので、再販が難しいのかもしれませんね。

投稿: 音源堂 | 2013年9月 9日 (月) 20時56分

音源堂さん、お久しぶりです。
先日、この曲の楽譜(購入譜面)を、奇跡的に入手しました!

まるで宝物を触るようにして封を開けると、早速カビ臭が…笑

でも、大切にしたいと思います。

投稿: 昔のホラ吹き | 2014年1月24日 (金) 12時14分

昔のホラ吹きさん、良かったですね!
うれしいお気持ち、我が事のように感じられます。次は実演できるといいですね!

(コメント修正しておきました。わざわざ恐れ入ります。)

前の方のコメントにお返ししましたように、本Blog当面お休みします。

投稿: 音源堂 | 2014年1月24日 (金) 12時37分

大変なご決断をされ、たまたま一時的にOPENされただけなのを知らずに、能天気な書き込みで申し訳ありませんでした。

もったいなくて、もったいなくて、更新はされなくても、閲覧だけでいいから、閉鎖はしないで欲しいと勝手に願うばかりです。
これまでたくさんの、貴重な情報や音楽に対するご意見・お考え等々、本当にありがとうございました。(お返事ご無用です)

投稿: 昔のホラ吹き | 2014年1月24日 (金) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キンバリー序曲:

« 第六の幸福をもたらす宿 -組曲 | トップページ | 第2組曲 W.F.マクベス »