« Fostex / HP-P1 & ALO Audio / IPOD-USB (2012.2.26.) | トップページ | インヴィクタ序曲 »

2012年7月12日 (木)

ミュージック・メーカーズ

PhotoThe Music-Makers
-Concert Overture for Band
A.リード
(Alfred Reed
1921-2005)


吹奏楽のコンサート -その始まりに皆さんはどのようなイメージをお持ちだろうか?

私にとって真っ先に思い浮かぶ「オープナー」は生命感と輝きに満ちた楽曲だ。何といっても、吹奏楽が本質的に持っている”元気”というものが伝わってくる曲がいい。

そして指揮者としてもプレイヤーとしても、私の経験から言えば”よく鳴る”曲、サウンドが厚く伸びてくる曲がいい。渋い曲で始められないのは、多分に技量が足りず不安感が拭えないからなのだが、それを除いてもやはり客が入ってリハーサルの時とは音響も変容したホールでは、響きが試せる曲がいい。そして始まるや否や演奏者も聴衆も一気に高揚する=”ノれる”曲がいい。
例えるなら…たっぷりのサウンドで満ちた湯船に、服を脱ぐやいきなり飛び込むような、そんな感じで始められたら最高だと思うのだ!

Alfred_reed_cbs1977001アルフレッド・リードはそんなイメージに合致した序曲や前奏曲をたくさん遺した作曲家である。中でもこの「ミュージック・メーカーズ」(1967年)はオープナーとして出色の出来映え。リードはほぼ終始快速に駆け抜けていく単一楽章のこの曲の中に、ダイナミックで輝かしいサウンドそして多彩な音色の変化を巧みに織り込んだ。それでいてシンプルであるがゆえの爽やかさと快活さを一切失わせてはいない。それこそがこの曲最大の魅力なのである。

リードは後年、規模や形式はもちろんのこと、音楽の喜びを主題とした点も同一の「ヴィヴァ・ムシカ!」(Viva Musica ! / 1983年)という優れたオープナーも作曲しているが、私の好みはよりシンプルなこの「ミュージック・メーカーズ」の方である。

♪♪♪

「この曲は2小節の導入に続くアレグロの単一楽章の形式を取っており、7つのモチーフによって組上げられているが、そのモチーフのうち1つだけが完全な旋律へと発展している。残りのモチーフは時に勇ましく、時に抒情的にと、絶え間なくその形・雰囲気・色彩を変えながら、輝かしいコーダへと高揚していく。
人生に求められる最も高邁なものに夢を馳せること、そしてその夢の達成に向けて精神を高めてくれる音楽の力- この曲は喜びをもってそれを謳い上げるものである。」


作曲者リードはスコアにこのようにコメントを記し、”We are the music-makers”の一節で始まるアーサー・オショーネシー(Arthur William Edgar O'Shaughnessy 1844-1881)「頌詩(Ode)」冒頭部分を掲げている。もちろん「ミュージック・メーカーズ」は、この詩にインスピレーションを得て作曲されたものである。

Arthuroshaughnessyオショーネシーは大英帝国として繁栄を極めたヴィクトリア朝のロンドンに生まれ、大英博物館で翻訳の仕事に就きながら活躍したイギリスの詩人。
1874年に著した詩集「音楽と月光(Music and Moonlight)」に収録された「頌詩」はその代表作であり、かのエドワード・エルガーも本作を題材とした”The Music Makers, op.69”という合唱・管弦楽伴奏つきの歌曲を作曲するなど、多方面に影響を与えた名作として知られる。

   ※アーサー・オショーネシーのプロフィール:詳細

Photo_2近年でも1989年のアメリカ映画「いまを生きる」のナンシー・クラインバウム(Nancy H. Kleinbaum)によるノベライズ小説にこの詩が登場、強い印象を与えている。
同小説は白石 朗によって翻訳されており、以下に原文と白石訳による「頌詩」前半部分を掲げる。

Photo_4「頌詩」は全編に亘り美しい韻を踏み、とても音楽的なものとなっている。内容もリードが言及したように音楽の”喜び”とその”力”を信じ讃えるものであり、音楽に携わる者・音楽を愛する者に広く共感を抱かせるだろう。

   ※映画「いまを生きる」(原題 Dead Poets Society)
      舞台は1959年のアメリカ。抑圧された日々を送る全寮制名門高校の
     男子生徒たちの前に、型破りな国語教師が赴任してきたことから物
     語は始まる。彼に”今を生きる”ことの大切さを気づかされた生徒たち
     は、嘗てその国語教師が結成した詩の朗読会を復活させ…。
     青春の夢と挫折、生と死を描いて真の”生きる意味”を問う。ロビン・
     ウイリアムズ主演。
     尚、映画本編には「頌詩」は登場しない。現れるのはノベライズ小説
     の中のみである。内容的にはノベライズ小説の方が深みがあり、ス
          トーリーの落とす陰影も深い。映画はこれを抑制しており、ロビン・
     ウイリアムズの表情豊かな演技のおかげもあって、ストーリーの持つ
    
”闇”にも救いが生じている印象。

       ※「頌詩」 全原文 : 「ODE.jpg」をダウンロード


♪♪♪

Broadlyで奏されるTrp.+Trb.の4つの二分音符に続いてAllegro brillianteに転じ、決然としたTimp.の打込みに導かれて文字通り輝かしい音楽がほとばしる- 「ミュージック・メーカーズ」の鮮やかなスタートである。(冒頭画像)

一旦静まって、ギャロップ風の軽快な伴奏とともにクラリネットが歌いだす旋律は、思わず頬が緩む愛らしさだ。
002そしてこれに連なるOboe+Flute(+E♭Cl. or Muted Cor.)によるカウンターの瑞々しさがたまらない!
003これがこの曲の白眉と断言したい。ふくよかだが爽快な楽句が”これしかない”という音色配置で奏されており、実に幸福な気分にさせてくれるのだ。
005旋律が直線的なものに変わると、ここからはMuted Brass、Sax、スネアオフ・ドラムなど一層多彩な音色の変化とダイナミクスの変化が応酬され、耳を楽しませる。要所で響きわたる重厚なリード・サウンドが、楽曲に迫力と確りした重心を与えていることも見逃せない。
スネアオフ・ドラムのリズムが遠ざかって再び前半の陽気さが再現された後、各モチーフが重なり合い、応答を繰返して徐々に終盤へと放射状に高揚していくと、遂にギャロップ風のリズムが強奏され、拡大された旋律とともに渾然一体となるクライマックスへ!(上画像)

さらには全合奏によるモチーフとシンバルとのリズミックでダイナミックな掛合いに続いて、Hornがベル・アップし高らかに凱歌を歌うのだ。
006終結部では冒頭を回想させる濃厚なBroadlyを僅かに挟むが、すぐに一層勢いを増したAllegro moltoとなって、ベースラインとTimp.の奏でる快活なリズム
009に導かれ、ハッピーで鮮烈なエンディングを形成し曲を締めくくる。

♪♪♪

Cd演奏はリードの自作自演が文句なしに素晴らしい。
アルフレッド・リードcond.
東京佼成ウインドオーケストラ

まさに”色とりどり”の多彩さと鮮やかなコントラストを描き、楽曲の魅力を存分に発揮している。

  【その他の所有音源】
   アルフレッド・リードcond. 洗足学園大学シンフォニックウインドオーケストラ
   指揮者不詳 コールドストリーム・ガーズ軍楽隊


♪♪♪

吹き抜けた一陣の風の如く一気に駆け抜け、音楽の喜びを謳い上げるこの曲の聴後感はどこまでも爽やか。
この愛すべき素敵な作品に込められたリードの共感=”音楽の夢””音楽の力”を信じる想いを、私もずっと持ち続けていたいと思う。
 

|

« Fostex / HP-P1 & ALO Audio / IPOD-USB (2012.2.26.) | トップページ | インヴィクタ序曲 »

コメント

出ましたね「ミュージック・メーカーズ」!
私が上京した最初の年(1994年)に音源堂様と初めて
ご一緒に演奏した忘れられない一曲です。

個人的には、この曲に限らずA.Reed氏の作品は長大な
組曲・交響曲よりもこのような単一楽章の小品のほうが
好きだったりします。

打楽器的には小太鼓の響き線(スナッピー)のオンオフの
使い分けが巧くて、演奏しながら感心したものです。
(私が本番で演奏したのはCymbalでしたが)

投稿: HARA-P | 2012年7月13日 (金) 23時15分

HARA-Pさん、うれしいコメントを有難うございます!
色んなことがありすぎた日々を越えて、やっと新しい記事をupできたんです。早速にコメントをいただき感無量です。

この曲に私が惚れ込んでいたこと、貴兄にはバレバレでしたね。よくある三部形式の序曲と違って最後まで一気にイッちゃう感じと、(本稿中にもありますが)Oboe+Fluteによるカウンターに私はすっかりK.O.されてしまいました。
…そうでしたか、Cymbalでしたっけ?でも、この曲のCymbalはずっと大活躍ですよね!きっと遣り甲斐がおありだったことと拝察します。^^)

しかし、ご指摘の点を含めリードは本当に巧い!
でもこの曲ってまだ初期の作品にあたるんですよね…。

次も頑張って書きます!またきっとお越し下さいね!

投稿: 音源堂 | 2012年7月13日 (金) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181124/55173463

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージック・メーカーズ:

« Fostex / HP-P1 & ALO Audio / IPOD-USB (2012.2.26.) | トップページ | インヴィクタ序曲 »