« アルメニアン・ダンス パート II | トップページ | 真っ直ぐな道を »

2011年3月20日 (日)

マナティー・リリック序曲

PhotoManatee Lyric Overture
R.シェルドン (Robert Sheldon 1954- )


瑞々しく、爽やかな印象の素敵な序曲である。要求する演奏技術のレベルは抑えながらも、音楽としての魅力を充分に発散する重要なレパートリーだ。
Sheldon作曲者ロバート・シェルドンは米国フロリダ州を拠点に音楽教育に永年注力してきた人物だが、吹奏楽界に非常に多くの愛すべき楽曲を提供しており(作曲者HPの作品リストに所載のもののみでも160曲を超える)、その活躍は既に”全米”を超え国際的なものとなっている。
「フォール・リヴァー序曲」「ダンス・セレスティアーレ」「メトロプレックス」「ロングフォードの伝説」「飛行の幻想」などが代表作として挙げられるが、明快で演奏効果が高く(”演奏効果が高い”とは聴き手への訴求力が強く、キャッチーということである)、かつモダンな曲想を備えた作品ばかり-多作なのに”ハズレ”のないその手腕は刮目すべきものだ。

私もシェルドンの作品は大好き!接するたびに、演奏技術的にも音楽的にも”無理”がないことや、それでいて楽曲ごとにアイディア・創意工夫というものが確りと盛り込まれていることが感じられて、嬉しくなってしまう。

マナティー・リリック序曲はそんなシェルドンの名声を確立した作品で、フロリダ州マナティー郡のシヴィック・センターの落成を祝い、1985年に委嘱作曲されている。

  ※現在の正式名称は
Manatee Convention & Civic Center 。4,000席を
        擁する多目的アリーナとコンヴェンション・センターを持ち、地元バスケ
         ットチーム(Florida Stingers)、及びインドア・アメフトチーム
        (Florida Scorpions)の本拠地ともなっている。

マナティー郡のその名は、フロリダ州の河口から沿岸に分布するアメリカマナティー(人魚のモデルとも云われる海獣「マナティー」の中でも最大種のもの)に因んだものとのことだが、この曲自体は海獣の「マナティー」と直接関係なく、標題音楽としての意味はまずない。
それでも、まさに抒情的(リリック)でロマンティックな曲想から、この曲を聴いてフロリダの美しい自然、そしてそこで悠々と暮らすマナティーたちの姿を想起したとしても、決してまずくはないであろう。

♪♪♪

楽曲は、急-緩-急-コーダの典型的な序曲形式。
Con spirito(4/4拍子、=144-160)のビート感にあふれた快活な序奏に続き、Trumpet&Tromboneがユニゾンで主題を提示して開始する。(冒頭画像参照)華やかな音色でリズムを刻むXylophoneをはじめとした打楽器の活躍と、Horn(+T.Sax)の実に効果的なカウンターには、思わず胸が躍ってしまう。スピード感は維持しつつ、旋律は木管に受け継がれこの上なくしっとりと歌われる。
2シンコペーションがモダンな印象を与える金管群の鮮やかなファンファーレ風楽句でダイナミクスを拡大し、さらに視界が開けて爽快なサウンドが響きわたる。

Trumpet3本による印象的なハーモニーに導かれて安寧なブリッジ(Gently=72)となり、いよいよ中間部(3/4拍子、Moderato=92)に入り、Trumpetソロが現れる。…このソロが何ともいえず、いい!
Trp_soloこの中間部では、旋律の抒情性がファンタジックなサウンドに包まれて、ますます深められていくさまが堪能できる。そしてその抒情性は寄せては返す波の如く、音楽的に抑揚を付されて聴く者に迫ってくるのである。

チャイムが穏やかに打ち鳴らされ、ややテンポを上げた(Andante=120)ブリッジへ。音楽が徐々に徐々に遠くから近づいてきてスケールを拡大し、遂にはじけるその瞬間はまさに”スプラッシュ!”
瑞々しい曲想が戻ってくると、ほどなく金管群が朗々と中間部の旋律を呼び戻す(3/2拍子)。ここで快速部のリズムをスネアが刻み、ポリリズムとなっていることも見逃せない。
Photo_2これに続いて冒頭が再現され、最後は堂々とした足取りのコーダとなって低音部が朗々と旋律を奏で、曲を締めくくる。
Photo_3
まさに明快、爽快!聴後感の良さは申し分ない。

♪♪♪

私の所属した大学の吹奏楽団には全くの初心者も結構いた。2年後輩でTrumpetのI君もその一人である。中高生のクラブとは違い、毎日毎日練習する楽団でもなかったから、半ば強制的に上手になっていったり、吹奏楽にのめりこまされるわけではない。中学からTromboneを抱え馬鹿みたいに熱中してきた私には、大学から楽器を始める人の楽器や音楽に対する”感じ方”が実感できなかった。
だから、上達に苦労していたI君が「買っちゃいました~。」とBach(しかもSilver !)を持ってきた時には、率直にほぉーっと驚いたのである。同時に、彼の中で楽器そして我がバンドというものが、それなりの位置を占めていることが判って、同好の士として嬉しく思った。

そして彼らが幹部の年、OBとなって定期演奏会のリハーサル(当時は大阪勤務で、本番には来れなかったので…)を見に訪れた私は、とにかく感動した。
-I君が「マナティー・リリック序曲」のあのソロを、堂々と吹いていたのである!

休憩時間に入り、I君に「やったな、立派だぞ!」と声を掛けると、彼は満面に笑みを浮かべて「ありがとうございます、何とかソロをやれるまでになりました!続けてて良かったっす。」と語ってくれた。
(そもそも彼はとってもいいヤツで、童顔に浮かぶ笑顔が抜群に可愛い男だった。^^)
音域的にも無理のないこのソロは、大学初心者の彼にとって好適だったわけだが、彼の同期たちがこの曲を選び、彼にソロを吹かせようとした-その想いが即座に判って、私にも嬉しさがこみ上げてきた。それに応え準備をしてきたI君の姿も想像でき、それがまた良かった。

これぞ、アマチュアが音楽をやることの醍醐味だよなあ、と実に感慨深い。
I君にとっても「マナティー・リリック序曲」は、きっと一生の思い出の曲になってくれたと思うのである。

♪♪♪

音源は以下をお奨めする。
Cd_007汐澤 安彦cond.
東京アカデミック・ウインドオーケストラ

終始よくまとまったサウンドで演奏され、フレーズのつながりも音楽的。スネアにもう少し明晰さがほしかったが…。(録音のせいだろうか?)

Cd_008フレデリック・フェネルcond.
東京佼成ウインドオーケストラ

場面ごとのコントラストが鮮やかで、切り替えも早い。生気にあふれた演奏である。フェネルの優れた演出はこうした小品でも見事に活きている。

  【その他の所有音源】
    汐澤 安彦cond. 東京佼成ウインドオーケストラ
    エドワード・ピーターセンcond. ワシントン・ウインズ
    木村 吉宏cond. 広島ウインドオーケストラ

|

« アルメニアン・ダンス パート II | トップページ | 真っ直ぐな道を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181124/51086243

この記事へのトラックバック一覧です: マナティー・リリック序曲:

« アルメニアン・ダンス パート II | トップページ | 真っ直ぐな道を »