« 歌劇「運命の力」序曲 | トップページ | ベレロフォン序曲 »

2010年3月21日 (日)

交響的序曲 J.バーンズ

本稿は「橋本音源堂」HPへ移行しました。
内容も改訂/up dateしてありますので、下記リンクよりお越し下さい。

橋本音源堂HP:交響的序曲 J. バーンズ

|

« 歌劇「運命の力」序曲 | トップページ | ベレロフォン序曲 »

コメント

この曲、好きですねー。難易度が高すぎて吹きこなせそうにないですけど、聴いている分には爽快そのものです。中間部のあとの快速部が特に好きですね。クラの早いパッセージは大変そうですが(苦笑)
最終盤のホルンの雄叫びが何回聞いても耳に残ります。

投稿: ゼスト | 2010年3月27日 (土) 00時10分

ゼストさん、コメントを有難うございます。
実際に演奏したことがあるのですが、やはり大変でした。冒頭からしてTrp.が7本必要なのにいつまで経っても揃わず、不安になったのを思い出します。
私はやはりOboeのソロが本当に素晴らしくて大好きです!「流麗」と「律動的」のバランスがなかなか難しく好演は少ないのですが、こういうソロが吹けたら奏者冥利に尽きるというものでしょう。

投稿: 音源堂 | 2010年3月28日 (日) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交響的序曲 J.バーンズ:

« 歌劇「運命の力」序曲 | トップページ | ベレロフォン序曲 »