« セドナ | トップページ | シンフォニア・ノビリッシマ »

2009年1月10日 (土)

キューバ序曲

本稿は「橋本音源堂」HPへ移行しました。
内容も改訂/up dateしてありますので、下記リンクよりお越し下さい。

橋本音源堂HP:キューバ序曲

|

« セドナ | トップページ | シンフォニア・ノビリッシマ »

コメント

 お見事!

 …今年初めて聴いたのは,この「キューバ序曲」
でした。大晦日明けた深夜のベルリン=ラトルの
コンサート・ライブのオープニングでした。

 今年はいい年になりそうだわい,と思いました・笑。

投稿: すぎ | 2009年1月10日 (土) 22時31分

すぎ先生、おそろしくお忙しいのにコメントをいただき有難うございました。キューバ序曲で開運!といきたいところですね、本当に・・・。^^)
大変なお仕事を抱えていらっしゃるので、お体が心配です。くれぐれもご自愛下さいませ。

投稿: 音源堂 | 2009年1月12日 (月) 19時20分

偶然にネットで見っけた友人が教えてくれました。
突然のコメントで失礼致します。

著書「キューバ音楽」を取り上げて頂きありがとうございます。
この本はおかげさまで完売となりましたが、再販のご要望が多く出版社にありましたので、
昨年増補新版として表紙を変えて再販されています。

ラテン音楽に接し、サルサから元になった音楽を調べて行くとキューバ音楽に辿り着きました。
日本語での解説書が出版されていなかったので、
八木啓代にスペイン語の資料を翻訳して頂き、音楽理論部分も付けて出版しました。
(o^-^o)

( 2010.1.15. 10:22 )

投稿: 吉田 憲司 | 2010年1月15日 (金) 13時33分

吉田 憲司 様

このたびは拙Blogにお越しいただき、またコメントをお寄せいただき洵に有難うございます。勝手にご著作を紹介させていただいたにもかかわりませず、暖かいコメントを著者ご本人から頂戴し、感激でございます。

私がキューバの音楽への理解を深めようとさまざまな資料にあたりました折、貴著には決定的な光明をお示しいただきました。洵に素晴らしい著作であると存じます!
さらに2009年には増補新版をご出版の由、ますます内容を充実されたことと拝察し、慶ばしい限りです。

キューバ音楽を楽しむファンは、必ず貴著に触れておくべきと思います。拙Blogがそのきっかけになりましたら、これ以上幸せなことはありません。
吉田様の益々のご活躍を、心より祈念致します!重ねて有難うございました。

(尚、せっかくいただいたコメントですので、直接関係する稿である「キューバ序曲」の方に、そのまま移させていただきました。何卒ご諒解下さいませ。)

投稿: 音源堂 | 2010年1月15日 (金) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キューバ序曲:

« セドナ | トップページ | シンフォニア・ノビリッシマ »