« 吹奏楽のための民話 | トップページ | ライド »

2008年10月22日 (水)

London Date / Benny Goodman

Benny_goodmanベニー・グッドマン(Benny Goodman 1909-1986)「スウィングの王様」と讃えられ、知らぬものはないクラリネットの名手。殊に、代表曲 ”シング・シング・シング”(Sing Sing Sing)はあまりにも有名である。

Benny_goodman_bestグッドマンのベスト・アルバムは、私が頻繁に聴く愛聴盤の一つ。
吹奏楽界においても彼のヒット曲はアレンジされて重要なレパートリーとなっているから、実演においてもその世界に多く触れることができた。
”クラリネットはバンドの主役です”は、かのビュッフェ・クランポン社の有名なキャッチコピーだが、クラリネットが主役のベニー・グッドマンの音楽が、吹奏楽にもマッチするのは当然なのだ。

♪♪♪

London_date”London Date”はそんなベニー・グッドマンがビッグバンドをバックに(またはオクテットで)1969年に録音した「歌モノ」アルバム。このたび、本邦限定で紙ジャケCDがリリースされたものである。
「イギリスのプレーヤーたちと演奏してみたい。」というグッドマンの希望で実現したセッションとのことだが、集められたプレーヤーはイギリスのベテラン・ジャズメンばかりであり、成熟した演奏を聴かせてくれる。

収録曲目は下記全11曲。
This Guy's in Love with You, Yesterday,
It's Easy to Remember,
 That My Love,
Octupus's Garden,   I Will Wait for You,
Liza, You Took Advantage of Me,
On a Clear Day,
(What I can Say) After I Say I'm Sorry,
I Talk to the Trees


バート・バカラックやビートルズといった当時流行のナンバーや、「シェルブールの雨傘」といった映画音楽、そしてガーシュウィンなどヒット・ソングの数々である -これにベニー・グッドマンが出会ったらどうなるか?
そんなコンセプトのアルバムだが、これぞ正統というべきアレンジと、非常に美的感覚に優れた演奏とで、名旋律が存分に楽しめる。

もともとベニー・グッドマンの音楽は、自身のクラリネットをはじめとして”美しい音”で聴かせてくれる音楽である。
このアルバムも例外ではなく、クラシックにも通じそうなその美意識が徹底されている。例えば、Drums一つとっても音色やプレイ、アンサンブルにおけるバランスの良さといった”綺麗さ”が、極めてハイレベルなのである。
涼やかだが決して表面的でなく、音楽の愉しさや説得力を欠くことはない -実にカッコいい演奏がそこにはある。

♪♪♪

これもベニー・グッドマンのハイレベルな「余技」の一つというべきなのか・・・。聴き慣れた彼の世界とはちょっと異なるこのアルバムは、肩の力を抜いて、音楽の根源的な愉しみを与えてくれる。

もちろん、グッドマンのクラリネットが奏でる歌は文句なしにゴキゲン!私はこの”London Date”がとっても気に入ってしまったのだ。

|

« 吹奏楽のための民話 | トップページ | ライド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181124/42870621

この記事へのトラックバック一覧です: London Date / Benny Goodman:

« 吹奏楽のための民話 | トップページ | ライド »