« 春になって、王たちが戦いに出るに及んで | トップページ | ヨハネスブルグ祝祭序曲 »

2007年6月22日 (金)

チェルシー組曲

本稿は「橋本音源堂」HPへ移行しました。
内容も改訂/up dateしてありますので、下記リンクよりお越し下さい。

橋本音源堂HP:チェルシー組曲

|

« 春になって、王たちが戦いに出るに及んで | トップページ | ヨハネスブルグ祝祭序曲 »

コメント

また懐かしい曲が紹介されていますね。
このLPの音源がCDで復刻されていましたが、今は絶版になっていますから入手困難だと思われます。

かつて共同音楽出版社がLudwig社より版権を得て出版していた楽譜の中の一つですが、他には「ヒッコリーの丘」や「ベレロフォン序曲」「エルシノア序曲」という曲もありました。Rubank社の楽譜と言い初期の日本吹奏楽を支えた名曲の多くを取り扱っていたんですね。

共同さん今では事業が大分縮小して細々とやっておられるようですがまた元気を取り戻していただきたい物です。

投稿: mitakasyun | 2007年6月24日 (日) 07時21分

「チェルシー組曲」、懐かしくもいい曲ですよね!
「ベレロフォン序曲」はさらに個人的に実に懐かしいです。1978年、西部吹奏楽コンクールで銀賞受賞の想い出の曲、当時私は中学2年生でした♪

こういった”当時の”曲、音源が本当にないんですよ。Rubankからたくさん出ていたワルタース作品なんかも・・・。出してくれたら私は喜んでCD買いますっ。

投稿: 音源堂 | 2007年6月25日 (月) 09時47分

チェルシー組曲・・・
懐かしい。
中学のときに、コンクールでやりました。
県大会落ちでしたが、楽しい思い出がいっぱいです。

CD化されないのがほんとに惜しいですね。
カッコよさ、モダンさ、起伏に富んでいるし、
程よい難度。
今は見向きもされないのが不思議です。

実演は難しいにしても、
誰かMIDIにして、発表してくれないだろうか。

投稿: なめくじ | 2008年3月15日 (土) 21時31分

なめくじさん、コメントを有難うございます。
BCLシリーズも何やら「邦人作品集」「懐かしの課題曲集」の様相を呈してきており、「チェルシー組曲」など採り上げてはもらえない感じですね。BCLのそもそものコンセプトからすれば、何と言っても当時を席巻していた(ポピュラー音楽の世界でもそうでしたが)アメリカの作品こそが、採り上げるべき対象ではないかと思うのですが・・・。

投稿: 音源堂 | 2008年3月15日 (土) 22時14分

習志野市立習志野高等学校吹奏楽部が
第45回定期演奏会でこの曲を演奏したそうで、
CDとDVDが発売されているようです

http://www.itogakki.co.jp/musicbank/netshop/ac/goods/nalakou_dvd.html

まだ未聴ですが、購入してみようかと思います。
ライブ録音ですが、全国大会の常連校の演奏ですし、
期待したいです (^^)v

投稿: なめくじ | 2008年8月25日 (月) 12時59分

うわぁ、この高校って定期公演を3日連続違うプログラムでやってるんですね!「チェルシー組曲」を演ったのは最終日の公演ですか。「練習曲」もやってますから、1975年頃このバンドで採り上げたってことなんですかね。

・・・しかし本当に「力有り余ってます」って感じだなあ、このバンド。^^;)

投稿: 音源堂 | 2008年8月25日 (月) 16時20分

私は中一の秋(1981)、テューバで「チェルシー」を演奏しました。上記の2007年習志野高校の演奏について一筆啓上。

コンサート録音社製のCDを聴きました。副顧問の瀧山智宏先生指揮の1,3年生による演奏です。惜しくも(!)全曲ではなくⅡ.Ⅲ.のみが演奏されています。暖かくブレンドされた音が心地良いカンツォーネの歌い回しの絶妙さ。Ⅲ.の打楽器アンサンブルで突然チャイムが連打されるのは驚愕!?ですが、味のあるトランペットソロを挟んで強奏も好バランスを保ちつつ粛然と進行するあたりは流石の実力です。習志野らしい繊細さが発揮された演奏になっていると感じております。

全曲録音はそれこそBCLに期待ですかねぇ~

投稿: ヤング太郎 | 2008年8月29日 (金) 20時08分

ヤング太郎さん、情報を有難うございます!
ほんの6分程の曲なので、全曲演奏(或いは収録?)してくれればいいのに・・・ですね。

投稿: 音源堂 | 2008年8月31日 (日) 10時58分

先日、習志野高校の演奏会のCDを入手。
早速聞いてみました。
ヤング太郎さんのご指摘の通りの2、3楽章のみの収録
まずそれにガッカリ
3日間の演奏会のダイジェストということでしかたないかぁ
演奏は・・・正直、いいとは思いませんでした。
なんというか、大味な演奏だなと。
2楽章はそこそこ聞かせるものがありましたが、
3楽章はメタメタ。ヤング太郎さんと同じく、
打楽器アンサンブルのチャイムは何で入れたのでしょう?
驚愕でした。はっきり言って、邪魔してる。
まぁ、締めくくりはそれなりにキマっていたのはさすが習志野でしょうか。
演奏がよければ恐らく全曲収録されたDVDを買おうと思いましたが、
止めました(笑)

やはり、プロかセミプロのちゃんとした録音を望みたいですね

投稿: なめくじ | 2008年9月 9日 (火) 10時07分

例のCD、レビューいただきありがとうございます!

切望しているのに、いつまでも音源がないままのものもありますし、「やっと出た!」と喜び勇んで買ってみると「そりゃないだろ~!」というような演奏だったり・・・。

「納得」の演奏で、大好きな曲を聴きたいですね、本当に。

投稿: 音源堂 | 2008年9月 9日 (火) 18時09分

遂に超超久々の新録…木村吉宏指揮の広島ウインドオーケストラによる演奏が発売決定しました!(12月20日発売のBCL12)先ずは予約して楽しみに待ちたいですね~。ヽ(´▽`)/この録音についてのコメントも是非加筆お願い致します!

投稿: ヤング太郎 | 2009年11月19日 (木) 19時30分

ヤング太郎さん、情報を有難うございます!
早速予約します。楽しみですねー。

期待通りの演奏だといいのですが…。

投稿: 音源堂 | 2009年11月21日 (土) 13時42分

先日、ブレーンのDLストアが終了するとの事で、広島WOのCDを購入しようか迷っていたので、取り敢えず何曲かセレクトして、この「チェルシー組曲」もDLしました。いやあ、便利な時代になったものですね。私もフィルハーモニアWEのLPを愛聴していた(現在も・・・)世代ですので。
さて演奏の方は、「出だしスッキリ、中あっさり、終わり難無し。」といった感じでしょうか。音楽感はフィルハーモニアWE盤が、骨太で、一番この曲に合っている感が強いです。40年以上前の録音ながら、Tpはじめ、Brassセクションも魅力的で、スタイルは今的ではないかもしれないけど私は好きです。聴き比べると東京吹奏楽団盤もそれぞれ魅力があると思います。ということは、「チェルシー組曲」は名曲ってことになるのかな?
出来れば、もっといろいろな団体の演奏を聴きたい曲です。

投稿: ブラバンKISS | 2014年6月27日 (金) 23時53分

ブラバンKISSさん、こちらにもコメント有難うございます。チェルシー組曲、大変よくできた名曲だと思っております。モダンなリズムやサウンドも持っていますし、ぜひ再評価されてほしいですね!

ブレーンのDLストア閉鎖…とても残念でした。私も駆け込みで注文し残していたものを大慌てでDLしました。とても意義のある事業だと思っていましたが、ブレーンさんもご苦労がおありだったのでしょうね…。我々ユーザーもこうした業者さんのことも盛り立てていくようにしないといけないなあと改めて感じさせられました。

投稿: 音源堂 | 2014年6月28日 (土) 11時05分

ご無沙汰してます。相変わらず、Tbを愛奏されているようで、何よりです。これからも、ご精進くださいませ。
さて、このチェルシー組曲。久しく聴いてみて、ご紹介の出版元の「サンプル音源」を試聴したところ、「おやっ」と思いました。久しく、吹奏楽の現場から離れているので、感覚がズレてしまったのかも?(笑)ですが、再生ピッチが少し(2度くらい)高く聴こえました。最近、私の手持ちのアナログプレーヤー再生でも、同じ現象に気づいて(ピッチが2度高いのに)、色々調べると、現在市販のお手頃な価格のモデルだと、このようにモーターの回転数が若干早い傾向にあるそうです。(ビックリ!!)
そう言えば、昔のオーディオのプレーヤーには、回転調整のつまみが有って、簡単に微調整が出来ていました。
愛聴している楽曲でも、長らくこの事に気付かなかった自分の「耳」に、恥ずかしくなりました。(汗)
だからこそ、資料的にも復刻CD化して欲しいものです。
楽曲の感想から逸れてしまいましたが・・・。この頃の楽曲は懐かしいばかりではなく、良質な作品が多数有ったように思いますので・・・。

投稿: ブラバンKISS | 2017年11月18日 (土) 21時48分

ブラバンKISSさん、有難うございます。もう本番目前ですので、本日日曜も朝から公園でTromboneの練習に励んできました。^^)
私も絶対音感ないので、気づきは遅いです。しかし考えてみればレコード時代にはかなりしっかりしたオーディオでなければ、ピッチは違いまくってたんじゃないでしょうかね、おそらく。今はCD音源の模範演奏&伴奏を鳴らしながらで基礎練習までもできる時代、便利ですし練習の質は飛躍的に向上しています。

それはともかく、CD化されていないものやそもそもオクラ入りになってしまっている吹奏楽音源は早く世に出して欲しいですね。「その時代」の楽曲こそが魅力的ですから…。

投稿: 音源堂 | 2017年11月19日 (日) 13時11分

こんばんは。また、何気に、懐かしくなり、聴いていました。そうしたら、2年前にコメントさせていただいた、LP音源のピッチのズレに関する件ですが、チューナー片手に、繰り返し聴き込んでみましたら、他の音源と合っていました。(笑)
いやあ、お恥ずかしい限りです。ピッチには、敏感だったつもりが、肝心の音感が、ズレていたようです。(笑)
今は、安心して、繰り返し聴いていますが、やはり、紹介されていた「汐澤/フィルハーモニアWE」の演奏が、一番のお気に入りです。それに、アナログ時代の音質は、どこか、ホッとします。

投稿: ブラバンKISS | 2019年11月13日 (水) 01時31分

ブラバンKISSさん、いつも有難うございます!
「チェルシー組曲」私の周囲では若い世代にウケないんですよねー。なんでかなあ。
最近の曲なんかよりずっと素敵と思うのは、私が年寄りだからなんですかね。それは違うと思うんですが…。

投稿: 音源堂 | 2019年11月14日 (木) 22時00分

以前、「DL」して愛聴している「広島WO 」のCDが、すでに、廃盤扱いになっており、あちこち、探していましたら、たまたま「良いコンディション」のUSED品を見つけ、本日、手元に届きました。
しかし、LP音源当時の、良質な楽曲が、再演も、CD化もされず、数多く、お蔵入りの現状には、嘆くばかり…。
個人的ですが、何故か、今でも耳から離れない一曲です。この時期は、特に…。

投稿: ブラバンKISS | 2019年11月29日 (金) 00時33分

吹奏楽の音源は直ぐに廃盤になっちゃうので、これはというモノは迷わず買わないとですよね。良いコンディションのものが入手できて良かったですね!(^^)

投稿: 音源堂 | 2019年11月29日 (金) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェルシー組曲:

« 春になって、王たちが戦いに出るに及んで | トップページ | ヨハネスブルグ祝祭序曲 »