« 2007.3.4. 小学校での訪問演奏会 | トップページ | カッチアとコラール »

2007年3月 6日 (火)

カディッシュ

PweKaddish
W.F.マクベス
William Francis McBeth
 1933
-2012)




「カディッシュ」
とは”ユダヤ人の死者への祈り”のことであり、作曲者フランシス・マクベスの師=クリフトン・ウイリアムズの死を悼んで作曲された。この作品は、ウイリアムズの遺作となった「カッチアとコラール」と密接な関係にある。
「カディッシュ」を全編に亘り支配する、心臓の鼓動のような打楽器のリズムからして「カッチアとコラール」の終盤に登場するリズムから採られているのである。

曲想は、マクベスの深い悲しみを感じさせるもので、「沈痛」という以外に適切な言葉が見つからない。1976年に発表された直後から、この感動的な作品は大変な反響を呼び、マクベスの最高傑作とされている。

♪♪♪

001_3冒頭からして、静かなチャイムとドラの響きの沈痛さが心に残る。




「この曲冒頭の鐘の音に、どんなイメージを持ちますか?」
ある演奏会の曲間、「カディッシュ」の演奏の前に指揮者の先生がステージからこう問いかけられた。

「-この鐘は、ただただ広大な平原に決して反響することなく打ち鳴らされ、遠く消えていくんです。
日本のお寺の鐘は山々にこだましますが、ドイツの平原には山がありません。私達日本人の抱くイメージとは全く違う風景であり、音響です。その広大な平原の中で、教会の鐘の音は反響することなしに、ひたすら遠く、遠く、減衰していくのです。」

ご自身のドイツ留学時代に、あのユダヤ人迫害の舞台となったアウシュビッツの収容所跡を訪れた経験にも触れられた。そうしたお話を伺っている聴衆にも、”ユダヤ人の死”に関わる史実のイメージが去来する。
「そして、これから演奏するこの曲の鐘の音は、ひたすら遠く、遠く、減衰していく、そんなイメージを込めています。」

-そう仰って始まった「カディッシュ」の演奏は・・・実に感動的なものだった。

♪♪♪

チャイムとドラの残響が遠く消えると、Hornと木管楽器が深く沈み込んでいく悲しみの歌を歌いだし、これを「鼓動」のリズムが受け止める。
003これが繰り返されてスケールの大きなテュッティ。この序奏部を終え、やや煽情的な木管楽器そして対照的な低音による祈りの歌。各楽器による祈りの歌と静寂とを繰り返しながら、ついには木管高音の悲鳴的なフレーズと、低音のぶ厚いサウンドでクライマックスを迎える。

002ドラが打ち鳴らされ、Horn(Trp.、Bar.)の壮大なフレーズからレシタティーヴォが唱されるが、ここでカウンターの
Timp.とバスドラムの重低音が心底まで重く響くのだ。

声を押し殺して続くレシタティーヴォに前半の旋律がクロスオーヴァーし、
Trp.の緊迫したハイトーンとともに「鼓動」のリズムが押し寄せて、哀悼のフレーズが放射状に高揚していく。全合奏のfpクレッシェンドと、これを受けるHornの慟哭が極めて感動的であり、マクベスの心の痛みがストレートに伝わってくる。

最後は、天上に昇ったウイリアムズの魂を讃えるかのように、分散和音が上向型で奏され、「鼓動」のリズムとともに
、緊張感と厳粛さをもったTrp.のハイトーンが凛と曲を閉じる。

♪♪♪

「カッチアとコラール」の”コラール”の導入部では、C音のチャイムが穏やかに、清らかに三度鳴り響く。「死」と対峙したウイリアムズの”コラール”は、この鐘の音に続いて上向型の旋律となり、救いと安寧を求めているかのようである。

しかし、これに対し「カディッシュ」の冒頭では
C音とD♭音の不協和な、濁ったチャイムの音が三度鳴り響く。さらに続く旋律は、ウイリアムズの”コラール”の冒頭を反映したものだが、旋律はその反進行的に深く沈み込んでいくのだ・・・!

「カディッシュ」でこの冒頭を書いた、マクベスの心情は推して知るべしである。師の遺作を前に、マクベスの悲しみ、無念さはどればかりであったことだろう。
そしてマクベスの祈りは、「カディッシュ」の最後に象徴的に現れる。冒頭で悲しく濁っていたあのC音は昇華して、栄光に満ち、透き通った
Trp.HiC音となって、曲が締めくくられるのである-。
004
音楽家はそれでしか伝えられないから、音楽で表現する。その意味でこんな解説めいた駄文など、本来何の意味もない。「カディッシュ」が実に感動的な音楽であることこそが、マクベスの深い心情の証左であるので、ぜひ聴いてみていただきたい。

♪♪♪

Ewe_1音源は来日公演で大きな感動を呼び起こした、
ドナルド・ハンスバーガー
cond.
イーストマン・ウインド・アンサンブル
Live録音(左画像)が支持を集めている。確かにこちらも大変素晴らしい演奏であるが、私としては

市岡
史郎cond.
フィルハーモニア・ウインド・アンサンブル
の演奏(冒頭画像)を推したい。
如何にもスタヂオ録音というサウンドはやや気になるが、その分コントロールされた美しさ、構成感の確かさといった完成度は特筆すべきものである。

♪♪♪

こうした「暗い曲」は当世の流行りではないのかもしれない。しかし、極めて感動的な屈指の名曲であり、ぜひ忘れ去られることなく演奏されるべきもの。そして、この曲の演奏にあたっては、ぜひC.ウイリアムズの「カッチアとコラール」も一聴すべきである。

(Revised on 2012.1.25.)

|

« 2007.3.4. 小学校での訪問演奏会 | トップページ | カッチアとコラール »

コメント

この曲を最初に聴いたのは、1978年全国大会の東邦高校のLPでした。当時、地元の高校(後の私の母校)が、全国大会に出場したこともあり、そのLPに同時収録されていたものです。そして前後して、ハンスバーガー/EWEの来日演奏ライブ盤が発売され、その演奏に身震いしたのを憶えています。この1枚と、フェネル/TKWOの演奏が、積極的に迫ってくる感があります。でも雰囲気といいサウンド、イメージはハンスバーガー盤のほうが、この曲の本質をついているのかな。いずれにせよ、もう30年近くも経つんですね。今でも、時々聴いている愛好曲です。

投稿: ブラバンKISS | 2007年8月24日 (金) 22時50分

「カディッシュ」に対する私の思いの丈は本稿の通りなのですが、ウイリアムズの「カッチアとコラール」を聴きますと、この曲の「凄味」が本当にぐんと増して感じられます。もし未だでいらっしゃいましたら、ぜひぜひ!

投稿: 音源堂 | 2007年8月25日 (土) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181124/14154859

この記事へのトラックバック一覧です: カディッシュ :

« 2007.3.4. 小学校での訪問演奏会 | トップページ | カッチアとコラール »