2014年8月10日 (日)

今シーズンのテナガエビ釣り終了

今シーズンは快哉を叫ぶようなテナガエビ釣りはできなかったが、最後まで新場所にチャレンジしたことは自分でも評価したい。この経験も来シーズン以降にきっと生きるはず。しかし、満足するためにはもはや本格的な遠征頼みになってきたなあと思う。いよいよ九州か?

以下、最終盤の3件の釣行。自分の記録(記憶)のために…。(読む価値はありません。)

■2014.8.8. 神奈川県某川
昨日に続き、始発電車で釣行。ピーカンでなかったのが救いだが駅から釣り場までは結構歩くので大変。2時間強で最初の目的駅到着、とにかく川に出て歩く。途中あまり段は入っていないがよさげなテトラを発見、少々藪漕ぎして入り竿を出してみるが、アタリすらなし外道もなし…。
当初の目的のテトラ帯目指し、また延々歩く。
漸く到着したテトラ帯はイメージ通りだったが、なんと立入禁止!これは航空写真では判らない。唇を噛んで撤退、目の前のエサが喰えない気分を味わう。
すごすごと最寄駅へ。と、いってもエラく遠くて荷物重くてくたくたに。もう帰ろうかと思ったが、こん畜生とかなり上流のポイントへ転戦。ローカル線で移動し、駅からまた延々と歩く。遠い。
着いてみると、情報ではあるはずの橋下テトラが”埋まって”いてポイントの体をなしていない。ヤバいと思ったが見渡すと対岸の下流に良さげなテトラ帯が。えっちらおっちら橋を渡り、テトラ帯に入る。これはイイ!絶好のテトラ帯!張り切って竿を出す…が全く反応なし。マジか!?
広いテトラ帯を端から絨毯爆撃、隣接したワンドにも竿を出してみるが反応なし。ダボ4ギル1のみの無残な結果。2日連続敗走決定。またあの延々と続く来た道を引返す。荷物を軽くするためにクーラーの水を捨て、残ったおにぎりと飲料を平らげ、とぼとぼと帰る。
釣果ゼロ。いやあ、暑い中いい運動になった。

■2014.8.7. 千葉県某川
今日から夏季休暇。青童さんから情報をいただいていた新場所の一つに斥候してみる。始発電車での釣行だが、接続良くても電車で2時間半…私にとって千葉は遠い。途中ラッシュに巻き込まれる。皆さんは仕事、自分は遊び。とても文句なんて云えない、が遊びに来てラッシュはとほほ。
駅から釣り場までは結構距離あると覚悟していたが、ショートカットできたので思ったより近い、ラッキー!さあ着いた、素晴らしいテトラ帯だ。広大で変化に富み、まさにさまざまな深さと傾斜の穴になっている。間に入っている捨石も多く、テナガエビの格好の隠れ家だ。凄い!
…但し、「水があれば」だが。
当日は干上がっていた。上流の堰から放水がないからだろう。これも航空写真では判りようがない。やむを得ず水際のテトラを攻めてみるが、ギルギルギルギルギルギルギル…。(T T)
手巻きの鉤を10本以上やられた。テナガエビの気配は全くない、というかギルの巣窟だ。ここまでギルが多いと、水があってもこのポイントでテナガエビは難しいかも。
最寄駅からの帰りの電車は1時間に1本。カンカン照りの暑い日だし、これ以上粘っても無駄だからということで今日は早めに撤収。まあ、明日がある。神奈川の川がご褒美をくれるさ!と前向きに帰路につく。翌日今日以上の地獄が待っているとも知らずに…。

■2014.8.2. 江戸川いつものテトラでオフ会
青童さん、BABAさん、影法師さんと「江戸川水門開放!」を信じて釣行したが、はずれー。水門開かずポツポツ拾い釣り。型はまずまずながら、早朝から昼までやって15尾と活性乏しい状況。最後に一瞬水門が開いたらしく水位動いた際の皆さんのラッシュ振りは流石。私は全然だめでした。
「反省会」の昼酒は美味かった!がいささか飲み過ぎた結果か、夜の楽団の練習を欠席する事態となり、楽員からの顰蹙を買いまくってしまった。反省。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

2014.7.25. 今年のテナガエビ釣り遠征

P100007620140725場所:狩野川
天候:晴 潮汐:大潮(三津)
実釣:9:00-13:45

釣果:テナガエビ×20

(含 リリース♀×4、昇天×1
最大 :25cm)

平日休暇取得によるテナガエビ釣り-毎年恒例のこれを今年は2週間前に台風で流れた遠征のやり直しに。
但し泊りがけでなく、一人始発の電車釣行。一人だとクルマの場合(高速代、ガソリン代)ともはや大差ないので涼しくて空いてる「こだま」自由席利用。(帰りはのんびり缶ビール^^)

♪♪♪

P1000072_2・釣り場へのアプローチに大変苦労した
・水がきれいで気持ちいい(泥抜きしても殆ど水が汚れない)

・既にすっかり潮が下げていてイメージが少々違ったが、これまでの経験を応用できた

・数は少なかったが、サイズは期待通り2尾ほどとデカメス4尾を除き、全て大型だった
・おそらくだが、ここでは既にテナガエビ釣りとしてはピークアウトしていた
・暑くて死にそうだった!

♪♪♪

釣れれば大型!の抜き味は相応楽しめた。最大でも25cm強であり、夢の”尺テナガ”には遠く及ばなかったが…。

一人だと昼酒に気も進まず、名産「港あじ鮨」弁当を買って「こだま」でビール。
これも悪くはないが、2週間前に台風さえ来なければ青童さんと魚&酒三昧だったのになー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

2014.7.19. 今年初の江戸川テナガエビ釣行!

P100006620140719場所:江戸川いつものテトラ帯
天候:曇時々雨 潮汐:小潮(市川)
実釣:7:15-11:15

釣果:テナガエビ×17

(最大 :23cm)

「最近、よく水門が開いている」
我が師匠・青童さんのお言葉通り、今日も江戸川は水門が開いていた!
寝坊してしまい、慌てていつものテトラ帯に来てみると先釣者が2人。珍しいなーと思って近づくと手を振ってくれている。-すっかり鍛えられてシルエットがイメージと違ったのだが、先に居たのはやはり青童さん(と青童さんの同僚の方)だった。^^)

P1000067_2到着時にはバッチリ下げていたのだが、途中で水門が閉まったようで「水が溜まる」感じで水位が上昇していく。この感じだとテナガエビの超活性化には繋がらない。アタリは散発的で数は出なかったが、サイズはまずまずであった。

但し、やたらと自然ゴミ(小枝・草)が多くて非常に激しく根掛りする。鉤のロストは多く、また仕掛けも2つ失った。高切れした仕掛けを回収してみたら、結構良い型のテナガエビがついていた(左画像)のはご愛嬌。^^;)


P1000068数的には17尾止まり。最大サイズ(23cm)は典型的な”雑巾”で、抜き味を堪能した。端的に言って、江戸川は荒川より一回り以上サイズが上、という印象。
今日の釣果は「釣ったテナガエビは、明日行くキャンプに持参します。」と仰る青童さんの同僚Sさんに贈呈。

恒例の「反省会」では結局3軒の昼酒ハシゴ☆青童さん、今回も有難うございました。また宜しくお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

2014.7.12. 荒川テナガエビの盛期に…

P100006320140712場所:荒川/戸田橋上流テトラ帯
天候:晴時々曇 潮汐:大潮(芝浦)
実釣:6:30-13:30
釣果:テナガエビ×41
(内リリース×4 昇天×1)
最大サイズ:21.5cm

実を云うと今週は前日金曜から青童さんと遠征の予定で準備していた。すっごく楽しみにしてたのに、台風の到来でキャンセルになった…。(TT)
大潮の土曜日、天気自体は晴れたのでせめてテナガエビ釣りを満喫すべく、3年前に楽しい思いをした多摩川に行こうとしていた。家を出ようとしたその瞬間、「緊急地震速報」と震度3の揺れ。津波も来るというので状況確認しなきゃという思いがあったのもさることながら、それ以上にこれは「行くな」と神様が言っている気がしたので取止め。
釣行自体中止しようかと思ったが、盛期の大潮だからとにかく行こう、と。始発電車で出撃すべく早起きしていたが、結局自転車で地元・荒川に出発したのは6:00ちょっと前である。

※尚、前週7/6(日)はさんざんであった。
20140706この週は雨が続き、土曜日は釣行自体とても無理。日曜午後になって天気が安定したのでおっとり刀で出掛けた次第。地元・荒川の新場所に繰り出したのだが…とにかくアタリが遠かった。実釣3時間ちょっとで釣れたのは7尾。(!)
小潮とはいえ、既に7月なのに。これで私はこの”新場所”に見切りをつけた。「お魚キラー」をセットしている爺さんたちの姿も目撃してしまったし…。


♪♪♪

というわけで、今日は昨年よく通った”乱杭テトラ”に行く。しかしここでもアタリがない。外道にも泣かされる。ダボやギルはもちろん、得体のしれない外道のせいで仕掛けや鉤を次々と失う破目に。”ヒレ”のない感じ、直線的な感じはカメかはたまたウナギか?。精神的に痛めつけられた。

P1000062_2その後も不調が続き、ツ抜けどころか片手も行かぬまま早や11時を回った。
最後に何とかしなきゃと、大潮の下げ止まり寸前の荒食いを期待し、テトラ帯の水際を攻めるべく下流側へと展開してみる。(上画像参照)
これが漸く奏功し、一時良型の入喰い状態に!そこからの2時間ほどで何とか40尾まで釣果を伸ばすことができた。最大は21.5cmで、抜き応えのあるものであった。

それにしても7月盛期にこの状態、全く納得いかない。
今年の荒川、好調と云えるのだろうか-。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

2014.6.28. 雨天不発…荒川新場所のテナガエビ釣り

20140628場所:荒川/戸田橋上流テトラ帯
天候:曇のち雨 潮汐:大潮(芝浦)
実釣:5:45-8:45
釣果:テナガエビ×11(内リリース×1)
最大サイズ:19.0cm

先週開拓した荒川の新場所が、大潮だとどれほどのポテンシャルを発揮するのかをどうしても確かめたくて、荒天予報を押して早朝出撃した。

P1000060結果は-不発。
活性極めて低く、アタリも乏しい。僅か11尾の貧果は、6月下旬盛期の大潮回りとしてあまりにも淋し過ぎる。期待が膨らんでいただけにガックリだ。雨が続いて冷たい水が流れ込み、水温が相当に低下したりしたのだろうか…。
8:30頃からは雨勢強まり、ずぶ濡れに。実にシンドイ釣行になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

2014.6.21. 荒川の新場所でテナガエビ釣り

P100005520140621場所:荒川/戸田橋上流テトラ帯
天候:曇時々晴 潮汐:小潮(芝浦)
実釣:6:00-13:00
釣果:テナガエビ×45(内リリース×2)
最大サイズ:20.5cm(ビッグアーム×1)

「自分で自分のポイントを潰している気がする。」
最近、師匠である青童さんとよくこんな話をする。特に大型狙いの観点では、良く釣れるからといって毎年毎年同じポイントで釣りまくるというのがやっぱりマズいんだと。そう、ポイントの新規開拓は絶対に必要なのだ。

と、いうわけで…今日は前々から目をつけていた地元・荒川の新ポイント探索に出掛けた。どんなに良さげに見えても、いないポイントにはいない-それがテナガエビだ。だから新場所の第一投は期待と緊張が入り混じる。今日はおかげさまで、初手から順調に釣れてくれた。

冒頭画像の通り”平場”ともいうべき角テトラ帯にして、その沖には更に何段もテトラが入っている。しかもテナガエビの大好きな柔らかな泥底になっており、期待できるポイントのはずである。今日は小潮なのに、思ったより潮位変化もある。

中小型が続いたが、漸く絞り込むようなエビバックが!
P1000053本日唯一のビッグアーム20.5cmであった。(じっとしていてくれない個体で、こんな写真しか撮れなかった…^^;)
一方数的には何と9:00-11:00の間、ほぼ釣果ゼロという事態になり、大変苦戦した。
P1000057やむなく終盤は上流側にシフトし、そこで稼いで何とか45尾。これだけ長時間でこの釣果は盛期のテナガエビ釣りとしては物足りない感じ。あの空白の2時間はなんだったんだ?

総括すると、欣喜雀躍とまではいかない釣行だったが、なかなか面白いポイントであったと云える。
今シーズンのうちにもう2-3度は攻めてみたい。こうして他にもポイントが増えてくれば有難いのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

2014.6.14. 多摩川で大型テナガエビの引きを楽しむ

20140614_220140614_3場所:六郷土手(川崎側)テトラ帯
天候:晴
潮汐:大潮(羽田)
実釣:6:45-11:00
釣果:テナガエビ×15~20(抱卵♀リリース×2を含む)
最大サイズ:25.0cm(ビッグアーム×4)

本当に久し振りに…我が師匠・青童さんをお誘いしてのテナガエビ釣行!
もうそれだけで、ただうれしい。
冒頭画像は”肉体改造”に取り組まれ、現在も努力を続けておられる青童さんのお姿。もともと釣り姿は颯爽としておられるが、すっかり筋肉質になられている。ここまでやられるとは、なかなか真似できるものではない。

同画像にもある通り、まとまった雨が続いていた影響で、多摩川のテトラは枯枝枯草のゴミだらけ!非常に釣りにくい環境にあった。それでも朝方はまずまず順調、中型以上のテナガエビが悪くないペースで釣れてきた。
中でもうれしかったのは、この時期の多摩川で25cm超の大型が釣れたこと!
P1000046所謂”雑巾”の引きを楽しんだ。抜き上げた瞬間の快感が堪らない。

但しその後は大幅にペースダウン。型は良く結果として4尾のビッグアームを釣ったのは良かったのだが、太陽が高くなり下げ潮が進むとともに沈黙の時間が非常に長くなり、苦しむことに。
P1000045数的には決して良くなかった。画像は泥抜き中のテナガエビたち。(帰宅までに昇天2尾)青童さんの釣られた中型以上もいただいたものも含むので、私が釣ったものは数的には大したことないが、型はそこそこ揃った。音源堂らしい、とは云えるかもしれない。

♪♪♪

納竿後は川崎駅近くで青童さんと反省会!
24時間営業の居酒屋系を
2件ハシゴし、大いに呑み大いに語り合った。楽しいことこの上ない。今シーズンの楽しみ方について検討も進めた。これからがまた楽しみだ。
青童さん、今後ともよろしくお願いしまっす!m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

2014.5.31. 今シーズン初のビッグアーム!荒川テナガエビ

P100003720140531場所:荒川/戸田橋上流テトラ帯
天候:晴 潮汐:中潮(芝浦)
実釣:5:15-11:45(移動時間含む)
釣果:テナガエビ×21(内リリース×1)
最大サイズ:22.0cm(ビッグアーム×2)

先週の”開幕”感+今年の荒川は好調且つ早いとの諸情報+先週より良い潮回り -から期待に胸を膨らませて早起きし、釣行したのだが、結果的には後退感が…。水色も良くなく、テナガエビの活性も低い。もしかすると何かあったのかなあと思う。
P1000033今年初の抱卵テナガとも出会い(写真は撮影モードの設定ミスでピンボケ^^;)、ビッグアームとも出会えたのだから、季節は確実に巡っているともいえるのだが、それにしても活性が低すぎてもう1ケ所のポイントへ転戦を余儀なくされた。

♪♪♪

1尾目は実にスンナリ、即座に釣れた。だからさらに期待を高めてしまったのだ。その後苦戦していると良い引きにあたった。上げてみると20cmの今季初ビックアーム!
P1000035やはりウレシイものだ\(^o^)/

また暫く音なしの後、モゾモゾっとしたアタリにズーンと重いこの感じ…来たか雑巾(=大型テナガ)!とワクワクしたら、
P1000034モクズガニだった…。
残念。

♪♪♪

転戦先でも相当苦戦、しかしここではギューンッッ!と痛烈な引きが。
本日最大、22cmの良型である。(冒頭画像)
このサイズの、抜き上げた時の快感が堪らん!これがあるからやめられないのだ。

P1000038全体としては21尾と振るわないこと甚だしいが、如何にしてもまだ5月。こんなもんだ、とも云える。
引続き、自分らしく大型狙いで楽しんでいきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

2014.5.24. 荒川テナガエビ、開幕宣言

P1000029_2     ※帰路、笹目橋の上から-爽やかに晴れて最高であった。荒川にもテトラの設置された場所は相当数あるが、テナガエビが釣れるのはその内、ほんの僅かだ。つくづく不思議なものである。

20140524 場所:荒川/戸田橋上流テトラ帯
天候:晴 潮汐:長潮(芝浦)
実釣:6:00-10:45

釣果:テナガエビ×22

もう、そろそろかな?と期待して荒川のマイポイントへ。もう釣れるはず、との期待は今年初めての2本竿にも表れている。

P1000030 もちろん盛期とは全く異なるが、アタリは相当あり、釣果もそこそこあり、22尾を確保したので、”2014年荒川テナガエビ釣りの開幕宣言と”したい。

…ただ、私の大嫌いなブルーギルの活性も上がってきていて3尾が鉤掛かり。そのたびに手巻きしている鉤がパーになるので悔しい!腹立つ!中でも一番大きかった手のひらいっぱいのサイズは口元の緑青色の模様がクッキリとして気持ち悪いことこの上なし。(サブイボ)

♪♪♪

P1000028 まだ釣れる”穴”は限られており、潮が止まった時の無反応さは酷く、ダイナミックなウキの動きもない。自分の問題としては、アタリ・キキを見極めてすぅっと竿を立てる、そして極力「真上」に仕掛けを上げて確実にフックさせるという基本をリマインドし、これをいつでも出来るようにしないといけない。

-でも、これからシーズン本格化につれて楽しくなるばかりである!今年もいよいよ始まったなあー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

2014.5.17. 荒川テナガエビ、何とか初モノ1尾

P1000027 20140517_2 場所:荒川/戸田橋上流テトラ帯
        →戸田橋下流テトラ帯
天候:晴 潮汐:中潮(芝浦)
実釣:7:15-10:45 (移動時間含む)

釣果:テナガエビ×1

二週間ぶりの釣行は地元荒川へ。開幕を願っていたが、私のポイントはまだ全然だった。最初の上流側はウンともスンとも言わない。暑くも寒くもない好天で爽やかだが釣れない釣りはつまらない。早々に切り上げ、下流側に転戦した。
こちらもシブい…。アタリは何度かあってバラしが3回。鉤もエサも初期に向かないことが判っていてそれで通しているのだから仕方ないが、何とかボーズだけは避けたいな…と。
そして何とか釣れたのが冒頭画像の1尾。荒川テナガに会えて良かった…。
それからも暫く竿を出したものの、厳しさは変わらないので早々に切り上げた。まあ、週を追うごとに釣れてくるのだから、今年はその様子も味わうことにしよう。

♪♪♪

羨ましかったのが、同じテトラ帯にいらしたご夫婦とお子さんの家族連れ。家族でテナガエビ釣り、本当にいいですねぇ。今日は風が強くて釣りにくいし、まだまだテナガの活性低いしで大変だったと思うけれど、もう一と月もしない内にとっても楽しくなります♪ぜひ嫌にならないでまたご家族で来てくださいね。
-と、祈る音源堂であった。はぁ、でも羨ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)