2009年2月10日 (火)

2009.2.7. 釣り初めは船メバル夜釣り

P2080014120090207場所:隠居屋(鶴見)
天候:晴
潮汐:中潮(羽田)
実釣:17:30-21:40(出船-沖上がり)
釣果:
メバル×1(22cm)
        カサゴ×5(小型)

Photo_31月18日に所属する楽団の定期演奏会を終え、以来2009年初釣りの機会を窺っていたのだが、風邪による体調不良などもあり、なかなか出掛けられず、2月になってしまった・・・。
”2月になったら、解禁直後の船メバルに”-と昨年から青童師匠と話していたので、それを本日決行するのである!

お世話になった隠居屋さんは船まで至近で便利、感じの良い親切な船宿。
予約なしの先着順なのだが、渋滞を懸念して早く出発したため、16:00前には到着して一番乗り。師匠とともに舳に陣取って期待に胸を膨らませる。

♪♪♪

17:30出船。どんどん暗くなり、月が煌々と照らす夜の風景に変わる。鶴見川を下っていくと、”みなとみらい”を始めとした夜景が見えてくる。美しい。
(こんな写真では伝えられないなぁ。)
Photo_4
近場のポイントということになるだろう。そこでいよいよ釣りをスタート!
しかし夜の船釣りは初めてで、どうも勝手がつかめず、相当ノロノロ。漸く仕掛けを降ろすと、ほどなくアタリがっ。
・・・大慌てで巻き上げる。あれぇ、本命のメバルだ!しかもまあまあのサイズ。これは、楽勝か?

▼▼▼

P2070008-はーい、残念でした。

その後はライントラブルはじめ、とにかくちょこまかとトラブルの連発。当然根掛りも少なからずあるし。実際に仕掛けを降ろしていた時間の、実に短いこと・・・。
実釣時間中間でこの貧果。淋しい・・・焦る・・・。

P2080009この日は喰いも渋く、竿頭もメバル・カサゴあわせて20尾だったらしい。

これじゃあ、私なんかじゃ歯が立たない。結局、最初のビギナーズラック以外は、小型のカサゴのみ・・・。(左画像参照)

♪♪♪

「小さなことの積み重ねがね・・・。」
と青童師匠。
タックルからして、合理的かつターゲットに合致したものでないとだめだったし、滑るアオイソメの対策だとか、手許に明るさを確保することや風向を念頭に置いた竿の置き方だとか、根掛り回避の小まめな捌きだとか・・・。全てがうまく行かないと、つもり積もってとてつもない時間のロス。まさに、師匠の仰る通りなのであった。
何か口惜しいので、きっとまたリベンジしたい!

♪♪♪

P2080012でも、メバル(しかも美味しい黒メバル!)やカサゴの料理は堪能できたのである。

実は、私の貧果を不憫に思った?中乗り氏が自分の釣果を下さったのだ。
(これは私が中乗り氏の直ぐそばの席にいたからで、”一番乗り”のご褒美かな。)

黒メバルの煮付け(冒頭画像)は洵に絶品、子供たちも大喜び!
カサゴの煮付けも風味よく美味しいし、また小型カサゴは唐揚げにして香ばしく・・・。
地味だが、(唐揚げにした)カサゴの頭でダシを取った野菜たっぷりの味噌汁は、これまた格別だった。
Photo
家内も子供たちも喜んでくれて、ウレシイ!
・・・ただ、これが全部自分で釣ったヤツだったらもっとうれしいだろうなぁ。あぅ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)